にこにこブログ

歯槽膿漏の原因とは

2017年11月30日 (木)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。お口の中に起こる病気というとみなさんはなにを思い浮かべるでしょうか。虫歯や口内炎や歯肉炎など様々な病気が歯科の世界で知られていて、特に代表的な疾患に歯槽膿漏があります。歯槽膿漏とその原因について知っておくことは実は歯槽膿漏の予防や症状の改善に非常に役立ちます。高松市にお住いの患者さんの中には歯槽膿漏でお困りの方も数多くいらっしゃることだと思います。一度丁寧に解説をしたいと思います。

 

歯槽膿漏というのは歯茎に起こる慢性的な炎症で、歯茎が赤く腫れ、痛みを伴うような炎症や膿が出てくるような炎症を引き起こす疾患として知られています。炎症がひどくなると歯を支えている歯槽骨が少なくなってしまい、人によっては歯がポロポロとおっこしてしまうこともあるので注意が必要な疾患と言われています。

 

歯槽膿漏を防ぐには原因を把握し、除去することが最も重要です。歯槽膿漏の原因はまず、歯石と細菌です。歯石が歯にこびりついているとトゲトゲした歯石が歯茎に悪影響を与えてしまい、炎症を悪化させてしまいます。また、炎症が起こった部分では細菌が活発に繁殖しているので、しっかりと汚れを落とすことが必要になるのです。

 

高松市にお住いの方の中には歯周病と診断され、その後歯科医院に通わなくなってしまった方がいるかもしれません。歯石の除去などの定期的なメンテナンスを行い、お口の状態の悪化を防ぐように心がけましょう。


詳しくはこちら


カテゴリー: 歯槽膿漏(歯周病)

歯ぐきが赤くなるのは歯槽膿漏(歯医者)のはじまり?

2017年11月28日 (火)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。みなさんは歯槽膿漏という病気にどのようなイメージをお持ちでしょうか。歯槽膿漏というと歯茎が赤く腫れ、じゅくじゅくと痛み、膿が出てくる嫌な疾患と想像されている方が大半だと思います。実はこのようなイメージで全く問題はないのですが、もう一つ大切な要素を加えて考えるとより正確な歯槽膿漏のイメージに近づきます。しっかりと病気についての知識を身につけ、病気の理解に役立てましょう。

 

歯槽膿漏は歯茎が赤く腫れ、膿が出てきてしまいじゅくじゅくと痛む病気なのですが、実はその前に歯に歯石がこびりつき歯周炎が起こるという状態を経ていることが重要なのです。実は歯茎の腫れというの免疫系の異常やビタミンの不足などの様々な原因で起こるので、一概に赤く腫れていると全てが歯槽膿漏と考えることができません。ただの歯肉炎や歯周炎などの一過性の炎症でも歯茎が赤く腫れることがあるので、必ず症状に注目することが大切です。免疫系の異常で炎症が起こった時には歯槽膿漏と見分けがつかない方もいるので、注意が必要で、お口の中全体に炎症が広がってきた時には歯医者と相談し内科の受診を考えなければならないケースもあるのです。

 

高松市綾歌郡にも多くの歯医者が開業し、日々診療を行っています。歯槽膿漏はありふれた疾患ですが、しっかりと治療を行わなければ歯を全て失ってしまう原因にもなります。綾歌郡にお住いの方の中で歯槽膿漏か不安に思わられている方は是非一度にこにこ歯科にお越しください。


詳しくはこちら


カテゴリー: 歯槽膿漏(歯周病)

歯槽膿漏(歯周病)は痛みがある?

2017年11月25日 (土)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。みなさんは歯槽膿漏という病気をご存知でしょうか。歯槽膿漏は日本人の大半の方が経験する疾患で、歯槽膿漏を通じて多くの方が歯を失っています。歯を失ってしまうと、認知症が悪化したり、残りの歯に悪影響を与えてしまったりと、実は様々な悪影響を及ぼすことが知られています。歯槽膿漏の症状と治療を理解し、しっかりと対応できるようにしましょう。

 

歯槽膿漏は歯茎が赤く腫れ上がり、物を噛んだ時や歯ブラシが当たった時に痛みを感じることがあります。歯槽膿漏は場合によっては、痛みを繰り返す疾患なので、まず炎症が強いときは、消炎処置を行い症状がおちついてからは、しっかりとした治療が必要です。

 

痛み止めに頼って治療を先延ばしにしていると症状が非常に悪化してしまい、決して病気が解決することはありません。最悪の場合には全身に悪影響が出てきたり、歯を抜かなくてはならないシチュエーションも出てくるので、早めに治療を行うように心がけてください。

 

 

高松市綾歌郡にも多くの患者さんが歯周病を患っています。しかし、歯周病の治療を受けていない患者さんも中には居ることだと思います。歯周病によるトラブルは自力ではなかなか解決ができません。かならず歯医者による治療を受け、再発の防止や症状の緩和などの治療を受けることが必要です。歯周病の治療を検討されている方は是非一度にこにこ歯科にお越しください。


詳しくはこちら


カテゴリー: 歯槽膿漏(歯周病)

歯槽膿漏(歯周病)を集中的に治す場合、どれぐらいの期間で治る?

2017年11月20日 (月)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。歯槽膿漏と診断された患者さんからよく受ける質問のひとつに、歯槽膿漏の治療期間が挙げられます。歯槽膿漏(重度の場合)は痛みも伴い治療には長い期間がかかります。このため、常に痛みに対する対処や治療を行う必要があるので、治療期間が不明瞭になりがちです。一度歯槽膿漏と治療期間についてしっかりと知識をつけ、治療に必要な計画を立てるようにしてみましょう。

 

歯槽膿漏を含めた歯周病は一般的に治療が長くなりがちです。このため、治療を集中的に行ったとしても症状の緩和に必要な期間が1ヶ月、その後、状態を維持できると判断できるまでにさらに数ヶ月かかります。単に症状を緩和するだけであれば短期間の治療で済むのですが、その後状態が改善し、独力のホームケアで症状の悪化や再発が防げると判断できるまでには長い期間が必要です。ホームケアの能力が高く、歯茎の炎症を抑えることができると判断するためにはブラッシングの努力と、歯間ブラシを利用したお口の衛生の維持が大切になります。独力で治療を進めるのは難しいこともあるので、必ず歯医者による指導を受けるように心がけてください。

 

高松市綾歌郡でも多くの方が歯槽膿漏でお困りだと思います。歯槽膿漏になってしまうと非常に治療期間が長くなるので、必ず歯槽膿漏に至る前に症状を食い止めるように心がけてください。しっかりと治療をし、歯周病から脱却したい方は是非一度にこにこ歯科でお会いしましょう。


詳しくはこちら


カテゴリー: 歯槽膿漏(歯周病)

歯槽膿漏(歯周病)のホームケアは?

2017年11月18日 (土)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。このような病気を改善するためにはまず、歯医者による治療も必要ですが、何よりも自宅でできるホームケアを欠かすことはできません。歯槽膿漏とホームケアの重要性についてしっかりと理解し、治療ができるように心がけましょう。

 

ホームケアで重要なのは歯間フロスと歯ブラシの使い方です。歯間ブラシは歯と歯の間にある汚れを落とす上で非常に役立つ治療器具で、歯と歯の間に糸をと押して汚れを掻き出すように使います。歯間ブラシのメリットは歯ブラシでは取れないような汚れまでしっかりと落とせることです。歯間ブラシを利用して汚れを落とすと通常では落とせないような汚れまできっちりと落とせるので、かならず利用することが重要です。歯間ブラシは歯ブラシでは、取り除く事が難しい歯と歯の間の汚れを取り除け、虫歯、歯周病の予防になります。

 

歯ブラシで大切なのは歯の表面の汚れを落とすことなのですが、サイズや毛の硬さをしっかりと念頭に入れて選ぶことが重要です。歯科医院で販売されている歯ブラシは通常の歯ブラシよりも多くの種類から使いやすいものを選ぶことができるので、一度歯医者と相談してみると良いかもしれません。

 

高松市綾歌郡にも多くの歯医者があり、ブラッシング指導が行われています。もちろんにこにこ歯科でもブラッシング指導を行っているので、1度は必ず指導を受けるように心がけましょう。


詳しくはこちら


カテゴリー: 歯槽膿漏(歯周病)