審美歯科

銀歯よりもキレイで高品質なむし歯治療があります

保険診療により、安価で治療を受けられる銀歯は、正式には金銀パラジウム合金と言います。頑丈なため、奥歯の咬合力にも耐えることができます。しかし、様々なデメリットがあるのも事実で、欧米では使われていません。

銀歯のデメリットとは、 金銀アレルギーだと適応できないということ、歯との適合があまり良くないということです。特に、適合が良くないことは、むし歯の再発リスクがあることを意味しています。これは、歯との間に隙間ができやすく、むし歯菌が入り込みやすいためです。せっかくむし歯を治療しても、再発してしまっては意味がありません。むし歯再発リスクのより低いかぶせ物は自費診療をお薦めします。より高品質な治療をお求めの方は、お気軽にお尋ねください。

point

セラミックはただキレイなだけじゃない

欧米では、白い歯に仕上げるむし歯治療が一般的です。白い補綴物の一つ、セラミック歯は金属アレルギーの方でも適応が可能で、安全です。レジンセメントを用いて、隙間なく歯とくっつけます。

これは銀歯とは違う装着方法で、むし歯の再発リスクが低いのはこのためです。他のセラミックの顕著な特徴としては、やはり審美性です。ただ白いだけでなく、透過性もあり、天然歯のような見た目をしています。

歯のかぶせ物の種類

point

オールセラミッククラウン

クラウン全体がセラミックでできています。セラミック歯の中でも一番透過性が高くなっています。硬さがあるため、噛み合わせが悪かったり、歯ぎしりをしたりする場合は欠けてしまうことがあります。

point

ハイブリッドセラミッククラウン

レジンというプラスチックにセラミックの微粒子を混ぜ合わせた素材でできています。オールセラミックよりも弾性があり、性質としてはレジンに近いです。

point

ゴールドクラウン

金合金や白金加金でできたクラウンです。金の柔らかさを含んでいるため、天然歯との適合が良いのが特徴です。むし歯の再発も起きにくく、長く保ちやすい素材です。

ホワイトニングで自慢の白い歯へ

芸能人やモデルの人たちが白い歯を見せていると、目を引く美しさがあります。白さの原因はホワイトニングかセラミック治療がほとんどでしょう。セラミック治療は健康な歯を削る必要がありますが、ホワイトニングであれば歯質を損なうことなく施術が可能です。

アジア人の歯は、他の人種の歯と比べてエナメル質が薄くなっています。そのため、内部の象牙質が少し透けて、黄味がかって見えるのが自然です。そこに毎日コーヒーや紅茶を飲んだり、タバコを吸ったりしていてはどんどん黄色くなってしまいます。せっかく健康な歯でも着色汚れがあると、不潔に見えてしまいます。そこで ホワイトニングを行って、人一倍白くて若々しい印象を手に入れてみませんか?高松市でホワイトニングを取り扱っている歯医者をお探しなら、当院にお任せください。

ホームホワイトニングの特徴

  • 自宅でご自分で行うことができる
  • 過酸化尿素を主成分としたホワイトニング剤を使用
  • トレーを用いてすべての歯に塗布する
  • 時間をかけて行うため、薬が深く浸透し、白さが際立つ
  • 白さが長持ちする
ウルトラデントのオパールエッセンス
ホワイトニング
上顎2万円(税別)+下顎2万円(税別)