義歯治療

多くの症例の方に適応が可能です

歯を失うということは気持ちのいい経験ではありません。大事にしていた歯を抜くこととなり、ショックを受けた方もいらっしゃることでしょう。
しかし、落ち込んでばかりもいられません。生きていくには食事をする必要があり、そのために歯を補う必要があります。

入れ歯治療を受ければ、失った歯を補い、食事や会話といった機能を満たすことができます。入れ歯は人類にとって、古い歴史を持つ治療方法です。適応するために 満たすべき条件はほとんどありませんので、多くの方が適応可能です。

抜けた歯を放置していると、歯並び悪化の原因に

歯は両隣や噛み合わせの歯、舌や唇からの力を受けながら、一番均衡のとれた場所に位置しています。一本でも歯を失うと、力の均衡が崩れます。その結果、空いた場所に歯が倒れこんだり、伸びたりして進出してきます。

このように歯並びに変化が起こってしまうと、噛み合わせにも支障が起こりかねません。そうすると、矯正治療が必要となってしまいます。
歯を失ったら、なるべく早く治療を行いましょう。それにより、不必要な治療を回避することが出来るでしょう。高松市で入れ歯治療を行うなら、にこにこ歯科にご相談ください。

歯の状態に合った治療方法をご提案

歯を失うと言っても、症状は人によって様々です。一本だけ欠損した場合、前歯あるいは奥歯がない場合、全ての歯を失った場合などが考えられます。残存歯の状態に合わせて、以下の中から最適な治療方法をご提案します。


point

部分入れ歯

抜歯後の粘膜に人工歯のついた床を乗せて支え、残存歯にバネをかけて安定させる入れ歯です。バネが金属である場合、目立ってしまうことと、支えとなる歯を少しだけ削るというデメリットがあります。

point

総入れ歯

無歯顎の場合に適応となる入れ歯です。印象を採り、噛み合わせをしっかり調整します。顎の骨がある方であれば、ほぼどなたでも適応可能です。保険診療のものから自由診療のものまで、様々な種類があります。

入れ歯の種類

保険の入れ歯

総入れ歯、部分入れ歯ともに、歯肉に被せる部分がレジンでできていて、厚みがあります。簡易的な入れ歯ですが、保険が適応されるため、お求めになりやすいです。入れ歯を取り扱っている歯科医院であれば、大抵修理が可能です。

金属床入れ歯

土台となる部分が金属でできています。強度が高く、床が薄く作製することができます。そのため、装着時に違和感を感じにくいのが特徴です。金属床であるため、食べ物の温度を感知することが出来ます。

ノンクラスプデンチャー

バネがない部分入れ歯です。健康な歯を削ってブリッジを被せたくないという方には、この入れ歯がお勧めです。バネがない分、保険適用の部分入れ歯よりも自然に見えることが特徴です。