小児歯科

優しく丁寧に治療いたします。

乳幼児期や学童期は予防注射や各種の検査などが重なる時期です。お子様の中には、その過程で苦痛を感じ、病院を嫌がるようになる子もいます。
しかし、医療行為は本来、病気による健康状態の悪化を防ぐために行うものです。そのため、お子様が受けやすい環境を医療機関側がご提供する必要があると考えます。

当院では、歯科治療が怖いというお子様には、少しずつ段階を踏んで、優しく治療していきます。小さいときは、歯に歯ブラシが入るだけでも不快に思うこともありますが、徐々に慣れるものです。
歯の治療も同じように、恐怖心や緊張を解きながらゆっくり行えば、慣れることができます。歯科医院が苦手というお子様も安心してご来院ください。

むし歯になりやすいからこそ、定期検診を

子供のころに、歯医者によく通った記憶はありませんか?それは乳歯の歯質に原因があったからかも知れません。
生えたての歯はエナメル質がまだ成熟しておらず、う蝕になりやすい状態にあります。その時期に間食が多かったり、歯磨きが充分でなかったりすると永久歯よりも容易にむし歯が発生してしまいます。

子供のうちはむし歯になりやすいからこそ、こまめに検診にご来院いただくことをお薦めします。検診ではむし歯がないかチェックし、クリーニングや歯磨き指導を行います。そうすることで、むし歯のない状態を保つことが出来ます。
また、予防に重点を置くことで、歯医者は検診を行うところだという肯定的なイメージを持てるようになります。子どもたちが進んで受けたくなるような検診を、ここ、高松市で目指しています。

小児歯科でできる予防処置

point

フッ素塗布

フッ素は自然界にも存在する元素です。
歯磨き粉に入っているため、おなじみという方もいらっしゃることでしょう。フッ素化物を歯に塗布することで歯質の強化、歯の再石灰化、酸の抑制などの効果をもたらします。

point

シーラント

むし歯はどこに一番できやすいと思いますか?
歯間、歯と歯肉の間、咬合面が挙げられます。どこも磨きにくい部位です。特に奥歯の咬合面はむし歯になりやすい、複雑な形状をしています。そこに食べかすなどが挟まってむし歯にならないように、歯科用プラスチックを薄く貼り付ける技術がシーラントです。

point

サホライド

フッ化ジアミン銀を主成分とする薬品、サホライドを塗布すると、銀イオンの力でむし歯の進行を遅らせることが出来ます。殺菌作用もあります。ケースによっては、むし歯に塗布することでそのままの状態を保ち、治療しないまま歯の生え変わりを迎えることもできます。

point

3Mix-MP法

一般的なむし歯治療法では、う蝕部分を削って取り除きます。3Mix-MP法は病変部分を内科的に無菌化し、組織の修復を図る新しいむし歯治療法です。重度の場合に、症状の改善を図り、抜歯を回避するしたいなど、従来法に追加的に適用したり、従来法では治療できない場合に適用したりします。