予防歯科

疾患にかかってからでは歯の寿命を早めることに

むし歯を元の健康な歯質に戻せたら、歯の寿命はとても長くなるでしょう。しかし、実際にはう蝕により溶かされた歯は柔らかくなり、元には戻りません。
そのため、健康な歯がなくなってしまわないよう日頃から心がけ、ケアを行っていく必要があります。

むし歯ができやすいかどうかは甘いものの摂取量、唾液の質、歯の質、歯磨きの質によって決まります。糖を採るのであれば、間食としてではなく、食後にデザートとして食べる方がリスクが低くなります。
というのも、唾液は食事の合間に歯の修復を行うため、こまめなおやつはむし歯の原因となるのです。予防歯科のある歯医者でもフッ素塗布を行っておりますので、歯質を強化することが期待できます。高松市でお口の健康を真剣に考えたいという方は、ぜひ検診にお越しください。

ブラッシング指導でホームケアをより効率的に

歯磨きの回数は多すぎても、少なすぎても良くありません。適正な磨き方で、歯垢や汚れを除去することが歯磨きの意義です。

また、ブラッシングはむし歯だけでなく、歯周病予防にも欠かせない大事なケアです。歯の裏や歯間などを磨き忘れると、歯垢が蓄積し、歯石となります。このような汚れが歯周病を進行させます。理想的には、歯磨きの後に歯間ブラシを用いることです。
定期検診によって、磨き残しが確認できる場合はブラッシング指導を受けることをお薦めします。歯垢が多い方には、歯垢染色剤で汚れを確認した後でブラッシングを行っていきます。適切な磨き方を覚えて、毎日ご自宅や職場・学校で実践してみましょう。

point

歯ブラシは軽い力で磨く

歯垢はとても柔らかいため、軽くブラシをこするだけで取ることが出来ます。歯にこびりついた粘着性のある食べカスはブラシを使うよりも、ガムを噛んだり、他の食べ物を食べたりして落とす方が良いでしょう。

なぜならば、強い力で歯を磨くと歯肉を痛めることがあるためです。歯肉は薄くて繊細な組織であるため、ブラシでゴシゴシとこすると退縮してしまうおそれもあります。そうして象牙質がむき出しになると、知覚過敏の原因にもなります。
歯磨きは歯垢を落とすために行うものです。ブラシを軽く握り、歯に優しく当てて左右に動かすようにして磨きます。

クリーニングで蓄積した汚れを落とそう

予防歯科ではPMTCというクリーニングが受けられます。
P.M.T.C.とは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、「歯科医師、歯科衛生士などが専用器具で行うクリーニング」のことです。

専用の機器を用いて、歯垢や細菌が形成するバイオフィルムというヌメリを除去します。
歯磨きでは清掃力に限界があるため、定期的なクリーニングが必要です。
口腔内の細菌環境を改善させましょう。歯科医院のクリーニングはフッ化物入りペーストを用いるため、歯質強化・むし歯予防にもつながります。