にこにこブログ

ジルコニアセラミックとは?

2017年8月22日 (火)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。皆さんはジルコニアセラミックスという材料をご存知でしょうか。ジルコニアというのは人口のダイヤモンドに用いるほど丈夫な材料で、様々な材料を混ぜることで美しい自然な歯と同じような色調を再現できる素材のことを言います。ジルコニアを用いたクラウンやブリッジは実は多くの点でメリットがあり、一度皆様にジルコニアセラミックの性質についてご紹介したいと思います。

 

ジルコニアクラウンやジルコニアブリッジの一番のメリットは何と言っても材料としての硬さです。非常に丈夫で簡単に変形しない性質があるので、非常に丈夫でしっかりと噛むことができ被せ物の歯でも十分に咀嚼することができます。もちろん、見た目の美しさも保証されているので、前歯などの人目に目立つ部分に用いるのには最適の材料ということができます。

 

しかし、実はジルコニアセラミックには弱点があります。実はジルコニアセラミックの持つ丈夫さ、つまり硬さは歯を削る原因になってしまうことがあるので注意が必要なのです。うまれつき歯ぎしりが酷い方や、噛む力が強い方は反対側の歯に負担をかけるので、ジルコニアなどのセラミック材料の利用を見合わせることがあります。また、一度壊れてしまった時に非常に修復が難しい材料でもあるので、利用に際して注意しなくてはなりません。

 

ジルコニアはメリットとデメリットがある材料ですが、前歯などの場所に用いる時にはジルコニアの使用がやはり適していると思えるケースが増えています。材料の性質も徐々に進化しているので、高松市にお住いで、ジルコニアを利用した治療を検討されている方は是非一度にこにこ歯科へお越しください。


カテゴリー: 補綴物