にこにこブログ

ハイブリットセラミックとは?

2017年9月5日 (火)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。みなさんは歯科治療の仕上がりを考えるときにどのような仕上がりを希望されるでしょうか?一昔前は金歯を入れている事を自慢げに話すお年寄りもいたのですが、現在ではむしろ目立たない、本当の歯のような補綴物を作る歯科医院が求められていて、日本では様々な自然な色調の歯科材料が使われるようになってきています。

 

このような新しい歯科材料の一つにハイブリット材料があります。ハイブリッド材料というのはジルコニアや長石などのセラミック材料とレジンというプラスチックの材料の2種類の材料を混合した歯科材料のことで、最近になり広く用いられるようになってきた材料です。このようなハイブリッド素材を使った治療は見た目の美しさから非常に人気があり、現在多くの歯医者がこの材料を活用して満足度の高い治療を行っています。このような見た目に美しい歯科材料を用いると治療の痕跡がほとんどわからないくらい自然に治療を進めることができるので、中には患者さんが治療の痕跡に気がつかないこともあります。ハイブリッド材料をつかった歯科治療の人気が高まるのは、自然な仕上がりが主な要因なのです。

 

高松市綾歌郡にお住いの方の中にはこのような自然な仕上がりのクラウンやインレーを求めて治療先を探している方もいるかもしれません。より自然に、より美しい治療をご希望されている方は是非一度歯医者にご相談ください。ハイブリッド材料だけでなくジルコニアクラウンなどの材料も組み合わせて満足の行く治療をご提供いたします。


カテゴリー: 補綴物