にこにこブログ

入れ歯の臭いはどう対応すべきですか?

2017年9月13日 (水)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。入れ歯を使っている方にとって大きな悩みの種になるのが入れ歯の匂いです。入れ歯はどうしても匂いがこびり付きやすく、人によっては匂いが強くなってくるとまだ使える入れ歯を作り直したいとおもう方もいるかもしれません。高松市綾歌郡にも多くの患者さんが入れ歯を利用しています。しっかりと入れ歯の匂いの対処法を理解して、長く入れ歯を使うことができるようにしてみましょう。

 

入れ歯の匂いの原因は細菌が作り出す匂いの物質です。入れ歯は毎日のお手入れで細かい傷がついてしまい、この細かい傷は細菌からすると大きな隠れ家になります。このような隠れ家には細菌がたくさん住み着き、匂いの原因物質を作り続けてしまいます。このような匂いの原因物質が入れ歯に沈着してしまうときれいに洗ったり水につけたり、入れ歯洗浄剤程度では匂いが落とせなくなってしまいます。このため、匂いをしっかりと落とすために入れ歯を使った後はきれいに汚れを落とす、定期的に歯科医院で研磨をするということが重要になります。

 

入れ歯の匂いになる細かい傷は歯科医院で研磨剤を使って研磨することで取り除くことができます。このような細かい溝をきれいに落とすには歯科医院にある研磨剤と回転研磨器具を使ってきれいにすることが重要で、定期的に研磨をすることで大きく匂いを落とすことができます。

 

高松市にも多くの歯科医院があります。綾歌郡にお住いの方で入れ歯のお手入れや匂いでお困りの方は是非一度ご相談ください。


カテゴリー: 入れ歯