にこにこブログ

入れ歯によって、噛み合わせが変わってくることがありますか?

2017年9月16日 (土)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。入れ歯と噛み合わせというのは実は密接な関係があり、しっかりとした入れ歯を使っていても実はわずかに噛み合わせが変わってくることがあります。このような噛み合わせと入れ歯の変化は定期的な歯科医院での調整を受けることでお口にトラブルを起こすことなく噛み合わせの変化に対応することができるようになります。入れ歯を使い始めて異常が起こった方は是非一度歯科医院で治療を受けましょう。

 

噛み合わせは長い時間をかけて歯に力が加わったり、入れ歯が削れていくことで徐々にかみ合っている部分が変化していきます。実はあまり知られたことではないのですが、歯は徐々に場所を変化させることができ、この移動する現象は歯列矯正で使われています。入れ歯が削れたり、歯が移動するとどうしても入れ歯と歯の接触面が徐々に変化していくので、噛み合わせの変化を感じた方は一度歯科医院で入れ歯やお口の状態を確認することが重要です。このような入れ歯の変化をしっかりと直さないと歯の根っこの炎症や痛みの原因になってしまいます。しっかりと治療を受けるようにするために定期的に歯科医院で治療を受けるように心がけましょう。

 

高松市綾歌郡で入れ歯の違和感やお口のトラブルでお困りの方は一度歯科医師にご相談ください。入れ歯を長く使い続けるためには歯医者の治療や入れ歯のお手入れがどうしても必要になります。歯医者と相談してお口の健康を守るように心がけましょう。


カテゴリー: 入れ歯