にこにこブログ

自費の入れ歯は臭いが少ないですか?

2017年9月20日 (水)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。自費の入れ歯と保険の入れ歯。これは患者さんにとっては大きな違いを生み出すものでしょう。入れ歯を用いて治療を進める時にはまず、保険適応の治療を行うか、自費診療で治療を行うか選択をしなければなりません。自費診療の入れ歯は実は匂いも少なく、変形も少ないので、しっかりと治療を受ける前に自費診療の入れ歯についての知識をつけ、必要に応じて自費診療の治療を選べるようにしておきましょう。

 

自費診療の入れ歯で最も大きなポイントになるのは金属の使用量が増えるという事です。自費診療の入れ歯は大量の金属を利用する事ができるので、実はプラスチックの入れ歯に比べて清潔を保ちやすいという特徴があります。プラスチックの入れ歯は長期間利用し続けると細かい傷がついたり、水分不足により入れ歯が変形してしまったりと様々な不具合が出てきてしまいます。入れ歯が合わなくなってしまうとどうしても口内炎やお口の内部の痛みなどのトラブルを引き起こすので、金属を利用した入れ歯のように変形の少ない入れ歯を利用するのは長く入れ歯を使う上で重要な選択肢になります。

 

高松市にも多くの患者さんが入れ歯を利用していて、綾歌郡だけでも多くの患者さんが入れ歯のトラブルでお困りだと思います。快適に長く入れ歯を利用し続けるためには変形の少ない入れ歯を利用するというのもいい選択肢です。自費診療の入れ歯を使った治療やインプラントと組み合わせた入れ歯の治療などを検討している方は是非一度歯科医師にご相談ください。


カテゴリー: 入れ歯