にこにこブログ

合わない入れ歯を使い続けたら危険?

2017年10月15日 (日)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。入れ歯を使い続けて起こるトラブルというのは非常に困ったもので、多くの患者さんが合わない入れ歯が原因のトラブルを経験しています。入れ歯を利用していてお困りの方は合わない入れ歯のリスクをしっかりと考え、治療の計画を立てて欲しいと常に思っています。高松市にお住いの患者さんのお役に立つよう、一度合わない入れ歯のトラブルについて説明をしたいとおもいます。

 

合わない入れ歯を利用することで起こるトラブルの一つに口内炎があります。お口の粘膜に入れ歯が強く当たってしまったり、不潔な状態の入れ歯が強く当たり続けてしまうとどうしても粘膜に傷がついてしまい、口内炎などのトラブルが頻発してしまいます。

 

このほかにも合わない入れ歯を利用するトラブルには口内炎以外に歯に対するトラブルも挙げられます。合わない入れ歯が残っている健康な歯を圧迫してしまったり、健康な歯を傷つけてしまうと歯が欠けたり、歯が折れる原因になってしまいます。お口の内部に起こるこのようなトラブルは入れ歯を適切に調整することで治すことができるので、定期的に歯医者で治療を受けるように心がけましょう。

 

高松市綾歌郡にお住いの方で、合わない入れ歯を使い続けている方は是非一度歯医者に相談しましょう。入れ歯をしっかりと治療し、使いやすい入れ歯を使うことは皆さんのお口を治すきっかけになります。お口のトラブルでお困りの方は是非一度にこにこ歯科にお越しください。


カテゴリー: 入れ歯