にこにこブログ

ホームケアだけでは歯槽膿漏は治せない?

2017年10月28日 (土)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。歯槽膿漏は日本人の中でも多くの患者さんが経験している病気で、今現在の日本人が歯を失う大きな要因と考えられています。歯を失ってしまうというのは実は非常に恐ろしいことで、一度失った歯を再建するためには数多くの努力をする必要があるので、早めに治療を行い、早めに歯槽膿漏などのトラブルが起こらないように気をつけることが重要なのです。このためにはまず、ホームケアの重要性と限界について認識することが必要になります。

 

お口のケアを行う上で考えなければならないのがホームケアです。ホームケアをしっかりと行うためにはまず歯科医院で基本的なフロスと歯間ブラシの使い方と歯ブラシの使い方を身につける必要があり、このような能力を身につけた後にはしっかりと自宅でホームケアを行い続けることが重要です。ホームケアだけで大半の軽度歯槽膿漏の症状を抑えることができるのですが、実は困ったことにホームケアでは落としきれない汚れがあるので、このような汚れには適切な対処をすることが求められます。その一つに挙げられるのが歯石です。

 

歯石ははにこびりついた汚れですが、非常に頑固な汚れなので、歯医者で取り除く事が求められます。このため、歯医者でしっかりと治療を受ける事が何よりも大切で、定期的に歯科医院でのクリニーニングを受ける事が適切です。高松市でお口のケアや、歯周病治療を検討されている方は是非一度歯医者にご相談ください。しっかりとした治療を行いたいと思います。


カテゴリー: 歯槽膿漏(歯周病)