にこにこブログ

歯槽膿漏は短期間で集中的に治さなければ治らない?

2017年10月30日 (月)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。歯槽膿漏などのお口のトラブルは多くの方にとって不安の種だと思います。歯科疾患の中でも歯槽膿漏な非常に厄介な病気では実は治療を行うときには様々な段階を踏んで治療を行う事が必要になるので、治療の進め方について理解を深めておく事がなによりも重要なのです。高松市にお住いの方に役に立つよう、歯周病や歯槽膿漏の治療についてしっかりと説明をしたいと思います。

 

歯槽膿漏は治療が長期間にわたる事がほとんどで、幾つかのステップを踏んで治療を行います。歯槽膿漏は歯周病が発展した病気の一つの症状と考える事ができ、歯茎の症状が非常に進展した状態を表します。このような歯茎の悪化した状態を改善するためにはまずブラッシングやスケーリングなどの歯の汚れを落とす治療を進める必要があります。このためには患者さん自身のブラッシング能力が向上する必要があるので、治療に進める前にブラッシング指導を徹底する事が大切です。実は歯磨きだけでも症状の大半を改善できるので、まずは歯磨きをしっかりと身につけるようにしてみましょう。

 

このあとに炎症のコントロールや、保存が難しい歯を抜歯する治療を行う必要があるので、実は治療には非常に長い期間がかかります。まとめて一気に治療をすると歯石除去をするときに細菌が体内に入り込む原因にもなるので、少しずつ治療を進めるように心がけておきましょう。


カテゴリー: 歯槽膿漏(歯周病)