にこにこブログ

歯槽膿漏は何歳ぐらいから発症する?

2017年11月15日 (水)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。みなさんは歯槽膿漏という病気を経験したことがあるでしょうか。実は歯槽膿漏というのは非常に多くの方が経験する病気だと言われていて、歯科医院で治療を行う非常に重要な疾患の一つとして認識されています。歯槽膿漏を放置してしまうと多くの方が歯を失ってしまいます。歯槽膿漏と発症年齢(18歳~)について理解を深め、病気を未然に防ぐために役立てるようにしましょう。

 

高松市でも多くの方が経験する歯槽膿漏(歯周病)ですが、高齢者の方ではほぼ全ての方が歯周病に罹患していると言われています。歯周病になってしまうのは歯の表面にこびりついた汚れ・細菌が原因と考えられていて、現在では歯石の除去により歯周病が大きく改善することが広く知られています。

 

歯周病は20代から発症することが多く、これはタバコや糖尿病などの生活習慣病に加えて、夜の歯磨きの習慣の有無などの多くの要素によって発症するかどうかが決定されると言われています。歯周病になってしまうとなかなか元に戻すことが難しいので、このくらいの年齢になった方は注意をした方がいいかもしれません。

 

高松市にも多くの歯科医院があります。綾歌郡にお住いの方で歯槽膿漏や歯周病の治療を検討されている方は是非一度歯医者に相談してみましょう。歯周病の全身の病気と密接な関係があるので、しっかりと病気を治し、全身の健康を取り戻すように心がけてみましょう。


カテゴリー: 歯槽膿漏(歯周病)