にこにこブログ

歯槽膿漏(歯周病)を集中的に治す場合、どれぐらいの期間で治る?

2017年11月20日 (月)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。歯槽膿漏と診断された患者さんからよく受ける質問のひとつに、歯槽膿漏の治療期間が挙げられます。歯槽膿漏(重度の場合)は痛みも伴い治療には長い期間がかかります。このため、常に痛みに対する対処や治療を行う必要があるので、治療期間が不明瞭になりがちです。一度歯槽膿漏と治療期間についてしっかりと知識をつけ、治療に必要な計画を立てるようにしてみましょう。

 

歯槽膿漏を含めた歯周病は一般的に治療が長くなりがちです。このため、治療を集中的に行ったとしても症状の緩和に必要な期間が1ヶ月、その後、状態を維持できると判断できるまでにさらに数ヶ月かかります。単に症状を緩和するだけであれば短期間の治療で済むのですが、その後状態が改善し、独力のホームケアで症状の悪化や再発が防げると判断できるまでには長い期間が必要です。ホームケアの能力が高く、歯茎の炎症を抑えることができると判断するためにはブラッシングの努力と、歯間ブラシを利用したお口の衛生の維持が大切になります。独力で治療を進めるのは難しいこともあるので、必ず歯医者による指導を受けるように心がけてください。

 

高松市綾歌郡でも多くの方が歯槽膿漏でお困りだと思います。歯槽膿漏になってしまうと非常に治療期間が長くなるので、必ず歯槽膿漏に至る前に症状を食い止めるように心がけてください。しっかりと治療をし、歯周病から脱却したい方は是非一度にこにこ歯科でお会いしましょう。


カテゴリー: 歯槽膿漏(歯周病)