にこにこブログ

部分入れ歯と総入れ歯の違い

2017年10月5日 (木)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。入れ歯に大きく分けると総入れ歯と部分入れ歯の2種類があり、この入れ歯について理解をしておくと治療を受ける上で役立ちます。高松市にも多くの患者さんがいます。入れ歯について理解を含め、しっかりと治療を受けられるように心がけてください。

 

部分入れ歯と総入れ歯というのは実は全く異なるものと言われています。患者さんからするとあまり差はないのかもしれませんが、実は歯医者からすると全く異なるものと考えるのが一般的です。見た目はどちらも入れ歯ですが、入れ歯を固定するやり方や入れ歯の作り方やデザインなど、非常に大きな差を抱えています。

 

部分入れ歯は一部の歯を失ってしまっている方が利用します。健常に残っている歯を土台にして入れ歯を固定したり、場合によってはインプラントを有効活用して入れ歯を固定できるので、設計の際にどの歯を土台にするか考えなくてはいけません。入れ歯を固定するためにクラスプという金属を用いることでしっかりと入れ歯を固定できるので、見た目が悪くなってしまうので、人によってはノンクラスプデンチャーなどの選択肢を考える方もいます。

 

総入れ歯は歯を全て失ってしまった方への入れ歯です。入れ歯の固定は唾液の水分を使って顎に吸着させる吸盤のような作用で固定します。クラスプは使わないのですが、合わないと入れ歯が外れてしまうので、細かな調整が重要な入れ歯です。場合によってはインプラントと組み合わせた治療を行うことができます。

 

高松市綾歌郡にお住いで入れ歯の治療を検討されている方は是非一度歯医者にご相談ください。しっかりと治療を行い、快適な入れ歯を利用するように心がけましょう。


詳しくはこちら


カテゴリー: 入れ歯

ノンクラスプデンチャーとは?

2017年10月2日 (月)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。入れ歯を使っていて感じる不満の中にクラスプが目立つという不満があるかもしれません。クラスプというのは金属でできたとメガネのことで、入れ歯がずれたり、入れ歯が外れるのを防ぐために働いています。入れ歯をしっかりと利用するためにはどうしても避けられないクラスプですが、目立つのは困ったものです。このクラスプの問題を解決した入れ歯にノンクラスプデンチャーがあります。

 

クラスプは通常入れ歯をしっかりと固定するため針金をバネのように使って固定したりします。このように金属でできたバネは一般的に使う治療手段ですが、残念ながら見た目には非常に悪いのが難点です。そこで最近頻繁に用いられるのがノンクラスプデンチャーです。ノンクラスプデンチャーはプラスチックを利用したクラスプを利用する入れ歯で、入れ歯の歯茎の部分が柔らかく、しっかりと歯を挟み込むように入れ歯を作ることができます。バネを使って入れ歯を固定するのではなく、歯茎のようなプラスチックを使って入れ歯を固定できるので、見た目の自然さは損ないません。

 

ノンクラスプデンチャーは初めて作られてから非常に長い期間が立ち、研究データが集まってきました。最近では非常に質のいい入れ歯ができるようになり、多くの患者さんが使い始めています。高松市綾歌郡にお住いで、入れ歯の治療やノンクラスプデンチャーへの作り替えをご検討している方は是非一度歯医者にご相談ください。


詳しくはこちら


カテゴリー: 入れ歯

金属床の入れ歯とは?

2017年9月30日 (土)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。高松市にお住いの患者さんの中には金属でできた入れ歯を利用されている方が数多くいます。金属というのは非常に優れた性質があり、金属でできた入れ歯を利用するのは多くのメリットがあるのをご存知でしょうか。この金属を用いた入れ歯について少しでも手助けになるように、金属のメリットをご紹介いたします。

 

金属を用いた入れ歯のメリットは何と言っても温度の伝えやすさです。食べ物を食べた時に温度を伝えてくれるかどうかは非常に重要な問題で、自然に温度を感じることができるのは非常に大きなメリットが有ります。温度が伝わる入れ歯を使うことで食事の時の違和感が減少します。食事を取るときに不満を感じていたり、食事を取るときに異物感を強く感じる方にはこのような材料の入れ歯が適しているかもしれません。

 

このほかにも金属の持つ清潔さというメリットも挙げられます。金属を利用した入れ歯は傷がつきにくく、入れ歯に住みつく細菌が繁殖しにくいので、匂いも少なく使いやすい入れ歯が出来上がります。多くの方にとって匂いが少ない入れ歯の方が毎日の生活の不満を減少させてくれるので、非常に優れた選択肢です。

 

高松市綾歌郡にお住いの患者さんの中には入れ歯に対して不満を感じている方がいるかもしれません。保険適応の入れ歯は匂いや変形という弱点はどうしても金属に劣ってしまいがちです。しっかりと治療を成功に導くためにも、自費の入れ歯を有効活用し、治療に役立てるように心がけましょう。


詳しくはこちら


カテゴリー: 入れ歯

入れ歯の掃除の仕方(手入れの仕方)

2017年9月26日 (火)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。高松市に限らず多くの患者さんが困るのが入れ歯のお手入です。入れ歯のお手入は匂いの原因を防いだり、変型を防いだり、長く入れ歯を使うための手助けになるので、とても重要なポイントです。適切な入れ歯のお手入れを身につけて、長く入れ歯を使うように心がけましょう。

 

入れ歯を長く使っていると細かい傷に汚れがこびりついたり、匂いがこびりついたり、人によっては入れ歯が欠けてしまったりと、随所にトラブルが出てしまうかもしれません。このような入れ歯のトラブルは毎日のお手入れで防ぐことができます。入れ歯の正しい掃除のやり方はまず毛先が柔らかい入れ歯用の歯ブラシや、普段お使いの歯ブラシなどを使って綺麗に汚れを落とすことです。

 

入れ歯をお口から取り出して、綺麗に汚れを落としておくと入れ歯に匂いがこびりつきにくくなります。細かい傷に染み付いた汚れは歯科医院で研磨をしてもらうことで落とすことができるので、匂いがひどい場合には歯医者に相談しましょう。

 

入れ歯洗浄剤を利用して入れ歯を洗うのもいい選択肢です。使い勝手のいい洗浄剤を利用し、しっかりと治療を進めるように心がけましょう。

 

このように手入れをしていても長期の使用でどうしても入れ歯が合わなくなってくることがあります。このような場合にはすぐに歯医者に相談しましょう。高松市綾歌郡にも多くの患者さんが入れ歯を使っていて、毎日入れ歯のトラブルで相談を受けます。入れ歯の治療をご検討されている方は是非一度、歯医者に相談するように心がけてください。にこにこ歯科でも治療ができますので、お困りの方のご相談をお待ちしています。


詳しくはこちら


カテゴリー: 入れ歯

保険義歯と自費について

2017年9月24日 (日)

高松市と綾歌郡の歯医者のにこにこ歯科です。保険の入れ歯と自費の入れ歯でどのような差があるのかご存知でしょうか。おそらく多くの患者さんは保険の入れ歯と自費の入れ歯の差は費用による差を認識しているのでは無いでしょうか。確かに自費の入れ歯は費用がかかるものなので、費用に注目してしまうのは仕方ないことかもしれません。しかし、実は多くの方にとって重要になるのは費用よりも材料による違いです。自費診療の入れ歯を理解するためにもしっかりと入れ歯についての知識をつけるように心がけてみましょう。

 

高松市にお住いの方の中には自費診療で作成した入れ歯を利用している方がいるかもしれません。自費診療の入れ歯は保険の入れ歯と異なり、多くの金属を利用することができ、非常に清潔に保つことができます。プラスチックの入れ歯は細かい傷がつきやすく、細かい溝に潜んだ細菌が繁殖してしまったり、汚れが沈着し、匂いがこびりつくことがあるので、利用する前に注意しなければなりません。しっかりと入れ歯を使って治療をしたとしても口臭がひどいとどうしても使い勝手が悪くなってしまいます。金属を利用した入れ歯は変型に強いので、長く入れ歯を使いたいという方にとっては優れた選択肢と言えそうです。

 

高松市綾歌郡にも入れ歯の治療を検討されている方が数多くいるかもしれません。自費の入れ歯は費用がかかりますが、どうしても匂いの問題が発生してしまうので、常に優れた選択肢ということができるわけはありません。歯医者と相談し、自分に合った治療を進めるように心がけましょう。


詳しくはこちら


カテゴリー: 入れ歯